Phangan Traveler HOME
HOME パンガン島ガイド 宿泊 レストラン フルムーンパーティー ヨガ&アクティビティ ショッピング タイマッサージ&スパ
最新NEWS 特集 知っ得コラム 長期滞在 不動産 アクセス パンガン島MAP リンク
パンガン島へのアクセス
TOP
飛行機でアクセス
鉄道でアクセス
バスでアクセス
フェリーでアクセス
飛行機でアクセス
バンコク → 【飛行機】 (1〜1時間半) → サムイ島 → 【フェリー】 → パンガン島
バンコク〜サムイ間は、バンコクエアウェイズが毎日約20便、タイ航空は毎日2便が運行しています。 全便2006年9月にオープンしたバンコクのスワンナプーム空港に発着。
所要時間は約1時間、バンコクエアウェイズの一部のプロペラ機の場合約1時間30分。
チケットは、
●ウェブサイト(日本語)
  バンコクエアウェイズ (略号PG) 
  タイ航空(略号TG)
●旅行会社
●バンコクの空港の各社予約カウンター
などで予約できます。フルムーンの前後約3日間と年末年始は数ヶ月前から満席になることも多いので早めに予約しましょう。バンコクエアウェイズではインターネット予約専用の割引なども行っています。 
ただし、サムイからパンガンへのフェリーはビックブッダ港から出る18:30の便が最終で、以後はスピードボートのチャーター(8000B程度)でのアクセスとなります。
ビッグブッダ港へは空港から車(乗り合いバスなど)で約7分ほどかかるので、 17時頃までに到着する便をお選びになることをおすすめします。
それ以降にサムイ島に到着する便の場合、空港とパンガン島へのフェリーの港の両方に数分と アクセス便利なマヤ・ブリ・ブティック・リゾートでのご宿泊がおすすめ。 到着時空港からの無料送迎があり、翌日はフェリー会社の無料送迎で港までアクセスできます。 客室料金は1室1泊朝食付き1390B〜と大変リーズナブル。 2007年にオープンしたばかりの真新しいおしゃれなリゾートですが、ビーチ沿いではないため料金が格安になっています。 パンガン島のリゾートをご予約の方に限り1割引とさせていただきます。

サムイ島経由のほか、スラタニ空港(エアアジア、タイ航空)・ナコンシータマラート空港(ノックエアー)・チュンポン空港(ソーラーエアー)経由でのアクセスも可能です。 サムイ島経由の便よりも航空券が安いのが特長で、ドンサック港(パンガンまで約1時間半または2時間40分、フェリーにより異なる)またはチュンポン港(パンガンまで約4時間)から フェリーでパンガンへアクセスするため、所要時間は長くなります。
 
■料金 (2007年3月現在、バンコクエアウェイズの場合)
●1年間オープンチケット(Y FARE)
3,480B
●6ヶ月オープンチケット(M FARE) 3,285B
●早朝便・深夜便限定の3ヶ月オープンチケット
  (インターネット予約の場合)です。
2,000B
バンコクエアウエイズの機体は70人乗りと120人乗りの2種
バンコクのスワンナプーム空港にあるバンコクエアウエイズ専用の待合ロビー。ドリンクと軽食、日本語OKのインターネットが無料
■国際線からの乗り継ぎ
まずは日本の空港にてチェックインの際に、バンコクで国内線に乗り継ぎのあることをお伝えください。荷物はバンコクで受け取る必要がなく、サムイまで送られます。通常乗り継ぎのある事を申告するとステッカーなどの目印が配られます。
バンコクで降機の際にそのステッカーを目立つところにつけ、スタッフの案内に従いシャトルバスなどで2階到着ロビーの国内線出発ゲート(コンコースA、B)へ向かいます。
新空港は旧ドンムアン空港の約5倍、成田国際空港の約3倍の広さがあるため乗り継ぎには余裕をもってください。
トランスファー専用チェックインデスクで予約ナンバーとパスポートを提示してチェックイン。手続き後はチェックインデスク脇の専用の乗り継ぎ口から3階の国内線出発ロビーへと進みます。入国審査は、バンコクまたは最終目的地のサムイで行います。
また、バンコクエアウェイズは国内線A2ゲート付近に専用のラウンジを持っており、搭乗者全員が無料で利用できます。コーヒーなどのソフトドリンクとクッキーなどのお菓子や軽食は無料なので、こちらを利用するのも得策です。 
搭乗ゲートがラウンジから数百メートル離れた場所にある場合もあるので注意。

※バンコクエアウェイズウェブサイトのスワンナプーム空港ご案内はこちら


■バンコク市内からのアクセス
バンコクの市内からは東へ約30km、タクシーで約1時間が目安です。ただし、平日夕方や祝祭日の午後は道路が渋滞することが多いので注意。(2008年高速鉄道開通予定)
■スケジュール(バンコクエアウェイズ)
バンコク → サムイ島
便名 バンコク発 サムイ着 運航日
PG103 6:00 7:05 MTWQFJS
PG109 6:30 7:35 MWFJ
PG123 8:00 9:30 MTWFJ
PG125 8:30 9:35 MTWQFJS
PG127 9:00 10:30 MTWQFJS
PG129 9:30 10:35 MTWQFJS
PG131 10:00 11:30 MTWQFJS
PG137 11:30 12:35 MTWQFJS
PG139 12:00 13:30 MTQJ
PG147 13:00 14:05 MTWQFJS
PG5159 15:00 16:00 MWF
PG906 15:10 16:40 MTWQFJS
PG5151 15:30 17:00 MJ
PG163 16:30 17:35 MTWQFJS
PG171 16:30 17:35 MWQJ
PG175 17:30 19:00 MTWQFJS
PG183 18:30 20:00 MTWQFJS
PG189 19:30 21:00 MTWQFJS
PG181 20:00 21:05 MTWQFJS
PG195 20:05 21:35 MTWQFJS
PG199 21:00 22:05 MTWQFJS
サムイ島 → バンコク
便名 サムイ発 バンコク着 運航日
PG100 6:00 7:05 MTWQFJS
PG102 6:30 8:00 MTWQFJS
PG104 7:45 8:50 MTWQFJS
PG126 10:15 11:20 MTWQFJS
PG124 10:00 11:30 MTWFJ
PG130 11:15 12:20 MTWQFJ
PG128 11:00 12:30 MTWQFJS
PG138 13:15 14:20 MTWQFJS
PG146 13:40 15:10 MTWQFJS
PG140 14:00 15:30 MTQJ
PG148 14:45 15:50 MTWQFJS
PG156 15:00 16:30 MTWQFJS
PG160 16:40 17:45 MWF
PG152 17:30 19:00 MJ
PG164 18:15 19:20 MTWQFJS
PG172 18:15 19:20 MTWQFJS
PG168 18:30 20:00 MWFS
PG176 19:35 21:05 MTWQFJS
PG186 20:00 21:30 MTWQFJS
PG184 20:30 22:00 MTWQFJS
PG182 21:45 22:50 MTWQFJS
PG192 22:00 23:05 MTWQFJS
■スケジュール(タイ航空)
バンコク → サムイ島
便名 バンコク発 サムイ着 運航日
TG285 7:45 8:55 MTWQFJS
TG287 16:00 17:10 MTWQFJS
サムイ島 → バンコク
便名 サムイ発 バンコク着 運航日
TG286 9:35 10:45 MTWQFJS
TG288 17:50 19:00 MTWQFJS
バンコクで国際線下車後シャトルバスまたは徒歩で移動。「Transfer to Domestic」の案内看板に従って歩きます
スワンナプーム空港のでの移動途中には免税品店や両替所も
随所に「HELP」と書かれた案内所があります。英語で質問を
バンコクエアウェイズのトランスファーチェックインデスク。予約ナンバーとパスポートを提示してチェックイン
時間に余裕がある場合は両替をすませておきましょう。空港内の両替所は銀行が運営しており、市街の銀行とレートは同様です
搭乗ゲートからシャトルバスに乗り、タラップを上がって機内へと乗り込みます
スチュワーデスさんが「サワディッカー(こんにちは)」とタイの挨拶で迎えてくれます
オープンエアで南国ムードいっぱいのサムイ空港
サムイ空港にも搭乗前に利用できる無料のドリンク&軽食コーナーがあります
スワンナプーム空港内のバンコクエアウェイズ利用者専用のブティックラウンジ
ラウンジへは入り口でチケットを提示して入場
カラフルなソファが並んでいます
セルフサービスのドリンク&スナックコーナー
バナナやパウンドケーキ、もち米やバナナのタイスイーツなど充実のラインアップ
フリーペーパーや英字新聞も豊富
斬新なデザインのスワンナプーム空港
スワンナプーム空港出発フロアの免税店
タイならではのナチュラルコスメやアロマテラピーグッズのお店も豊富
タイマッサージやフットマッサージが気軽に利用できるスパも
スイーツやカフェのコーナーも広々
バーガーキングなどのファストフード店もそろいます
リーズナブルなコーヒーショップも人気
2007年に大幅リニューアルを行ったサムイ空港はバッゲージクライムのあるアライバルホールと送迎車などが停まるミーティングポイントに分かれています
降機後トラムに乗ってアライバルゲートへ
バッゲージクライムへ。建物の中にはとてもきれいなトイレもあります
バッゲージクライムはひとつのゲートにひとつだけなので番号などはありません
荷物の多い方はカートをピックアップしてさらに10mほど奥へ
ベルトコンベヤーから荷物が出てきます。荷物の重たい方はお近くの係員に声をかけてください
「EXIT TO MEETING POINT」のサインに従って進みます
タクシーや乗り合いタクシー(ミニバス)、パンガン島へ向かうフェリーのチケットはココで。その後係員の誘導に従います
待ち合わせのある方はミーティングポイントへ。方向を指示する日本語のサインも
ミーティングポイントにはATMがあり、シティバンクなどPLUSマークのついた国際キャッシュカードが使用可能
草葺屋根のミーティングポイントにはたくさんのベンチが
売店もありアイスクリームやドリンク、スナックを販売

FAQお問合わせご利用案内運営者紹介

Copyright