Phangan Traveker HOME
HOME パンガン島ガイド 宿泊 レストラン フルムーンパーティー ヨガ&アクティビティ ショッピング タイマッサージ&スパ
最新NEWS 特集 知っ得コラム 長期滞在 不動産 アクセス パンガン島MAP リンク
TOP
基本情報
島内交通
島内交通
パンガン島の交通事情
交通量はまだ少なく、信号は島内に数基のみです
パンガン島でのおもな移動手段は乗り合いタクシー(ソンテウ)とリゾートでのタクシーサービス。
レンタカーやレンタルバイクもありますが、舗装されていない道も多くアップダウンの激しい箇所もあるので、運転に自信のない方は避けたほうが無難。何日か滞在し、ある程度道路状況を把握してから利用すれば便利な手段です。
また、島は東西12km、南北18kmほどの大きさなので、各所のビーチをボートで巡るのもおすすめです。

◆乗り合いタクシー(ソンテウ) ≪おすすめ≫≪安心≫
ハードリン港前とリン・ビーチの繁華街付近のタクシー乗り場、トンサラ港付近のタクシー乗り場などに停車しており、料金は交渉制。ピックアップトラックの荷台部分にベンチをつけ、8人程度が座れるようになっています。タクシードライバーのライセンスが表示してあるので安心して利用できます。
リン・ビーチからトンサラまでは1人50B程度が目安ですが、通常4・5人以上が集まらないと出発しないので、急いでいるときは割増料金を支払う必要があります。
走っているタクシーを手を上げて呼び止めて乗車することも可能。リン・ビーチ〜トンサラ間は日中ならたくさんのタクシーが走っているので、バンタイやバンカイなどの通過地点では容易につかまえることができます。そのほかのエリアでは流しのタクシーを捕まえることは難しいと考えてください。
また夜間や早朝はチャーターするのが基本。その場合は1台あたりリン・ビーチ〜トンサラ間で300〜500B程度が必要になります。
フルムーンやハーフムーン、ブラックムーンなどのパーティ会場やムエタイスタジアム前にはたくさんのタクシーが待機しています。この場合も基本はグループごとのチャーターとなりますが、同じ方面ヘ向かうほかの客が集まるまで待てば価格は割安になります。
リン・ビーチとトンサラを結ぶ大通りは2005年に舗装が完了しましたが、大雨などで崩れた部分を修理する工事が行われていることがあります
タクシーは乗り込む前に
運転手と値段の交渉を
利用する場合の1人当たりの最低料金の目安は以下のとおりです。
リン・ビーチ〜トンサラ 50B
リン・ビーチ〜バンタイ 50B
リン・ビーチ〜トンナイパン・ビーチ 200B
リン・ビーチ〜シャロックラム・ビーチ 150B
トンサラ〜トンナイパン・ビーチ 150B
トンサラ〜シャロックラム 100B
※上記は乗り合いタクシーを日中に利用する場合の1人当たりの最低料金の目安です。 複数の乗客が集まるまで待たされる場合もあります。夜間や早朝はチャーターするのが基本。その場合は1台あたり リン・ビーチ〜トンサラ間で500〜700B以上が必要になります。

◆リゾートのタクシーサービス ≪おすすめ≫≪安全≫
ほとんどのリゾートで行っているタクシーサービス。安全性が高く、旅行者にとっては便利な交通手段です。帰りも待ち合わせポイントと時間を指定して迎えに来てもらうこともできます。普段の移動はレンタルバイクで行いたいという方も、パーティに向かうときはリゾートのタクシーを使うのが無難です。

◆レンタカー ≪上級者向け≫
1日1000B程度〜が目安。ジープやピックアップトラックタイプの車が主流です。右ハンドル左側通行なので、違和感なく運転できます。
借りる際にはパスポートと国際免許証を提示。乗り捨て防止のためパスポートを預かる店もあります。
高級リゾートではレンタカーを用意していたり、手配してくれるところもあります。バイクよりは安全性が高くなりますが、夜間に運転する際などは細心の注意が必要です。
ガソリンスタンドはトンサラなど島内の大通り沿い数か所に大型店があり、営業時間は8時から20時頃が目安。
そのほか簡単な屋台のような個人商店もありますが、英語はほとんど通じません。
深夜は道端にウィスキーのボトルなどに入れたバイク用のガソリンを販売する露店が数箇所出没します。ガソリンの質には問題ないようですが、料金は割高で、営業日や時間も不定期なので、あくまでも非常用と考えましょう。
島でよく見るタイプのレンタカー。国際運転免許証を日本で取得することが必要です
アイランドスタイルのガソリンスタンド

◆レンタルバイク ≪上級者向け≫
1日マニュアル150B、オートマ200B、大型250Bが目安で、1週間以上なら割引交渉も可能です。 島のいたるところにレンタル店があり、リゾートで用意しているところも。借りる際にはパスポートを提示を求められ、乗り捨て防止のためパスポートを預かるのが通常です。 あらかじめコピーをとっておくようにしましょう。マニュアルかオートマを選べ、通常100〜130cc程度。新車や排気量の多いバイクは割高に設定されています。 店では保険に加入していないため、破損した場合実費を支払う必要があります。 保険には旅行前に日本であらかじめ加入しておきましょう。
こまわりがきいて便利なバイク。 通常レンタルの際国際免許の提示は求められませんが特に夜間運転の際はご注意を

◆ボート ≪観光向け≫
島ならではの移動手段。車道の通っていないビーチへ向かう際には唯一の手段となります。昔ながらのロングテイルボートが主流ですが、速度の速いデラックスタイプのボート、さらに速くて快適なスピードボートもあります。
ロングテイルボートで10分ほどのビーチの移動だと、乗り合いで1人50B程度、チャーターすると300〜500B程度。
トンナイパン・ビーチなどではボートタクシーのサービスを行っているリゾートもあります。
後部にモーターのついたロングテイルボート

ページTOPへ

FAQお問合わせご利用案内運営者紹介

Copyright